FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

★ ☆ ★ TOHOSHINKI are YUNHO CHANGMIN !!★ ☆ ★

悩んでいます。〜MERS、韓国で感染拡大〜 


外務省の “海外安全ホームページ” にも、スポット情報「韓国及び中国:MERSコロナウイルスによる感染症の発生(2015/06/02)」として発出されていますが、“中東呼吸器症候群(MERS:マーズ)” の韓国での感染が拡大しています。

MERSについての基礎知識

MERSとは?
中東呼吸器症候群(MERS)は、2012年に初めて確認されたウイルス性の感染症。
原因となるウイルスはMERSコロナウイルスと呼ばれている。

(MERS=Mid East respiratory syndrome)

MERSにかかると、どのような症状が出るか?
・主な症状は、発熱、せき、息切れなど。急速に肺炎を発症し、しばしば呼吸管理が必要となる。
・下痢などの消化器症状のほか、多臓器不全(特に腎不全)や敗血性ショックを伴う場合もある。
・感染しても、症状が現われない人や、軽症の人もいるが、特に高齢の方や糖尿病、慢性肺疾患、免疫不全などの基礎疾患のある人で重症化する傾向がある。

厚生労働省HPから一部抜粋)

具体的な予防策は?
・ 休息、栄養を十分に取り、体に抵抗力をつける。
・ 手指等の衛生保持に心掛ける。
・ できるだけ人混みを避けるか、マスクの着用を励行する。
・ 咳やくしゃみの症状がある患者とは、可能な限り濃厚接触を避ける。
・ 温度の変化と乾燥しすぎに注意する。
・ 高熱、咳、呼吸困難等の症状が見られた時は、適切なタイミングで専門医の診断を受ける。
・ 感染者の約15%が医療従事者であり、救急外来での院内感染が問題となっているため自宅療養が可能な場合は救急外来の受診を控える。
・ 50歳以上の感染者は重症化するリスクが高く、注意が必要。
・ 慢性疾患(糖尿病、高血圧、喘息、腎障害、心疾患、呼吸器疾患等)を持っている場合は重症化するリスクが高く、注意が必要。
・ 感染源である可能性が高いラクダとの接触を避ける。

(上掲「海外安全ホームページ:スポット情報」から一部抜粋)


現在の韓国での感染拡大状況

海外安全ホームページ
・ 6/1 WoW!Korea:MERSの隔離対象者680人に対し、政府施設キャパは150人の”緊急事態”=韓国
・ 6/2 Yahoo!ニュース:強毒性ウイルス感染 韓国の隔離対象者750人に MERS初の死者
・ 6/3 Yahoo!ニュース:強毒性ウイルス感染 MERS感染者30人に
・ 6/4 産経ニュース:韓国、3次感染で初の死亡例 死者3人に
・ 6/5 産経ニュース:感染者41人に エアコンフィルターからウイルス 朴大統領はソウル市長に苦言「混乱招く
・ 6/6 産経ニュース:感染者新たに9人確認 計50人に 医療機関内で
・ 6/7 産経ニュース:隔離対象者は2300人超 ソウルなど24病院名公表 保健当局、感染の拡大を警戒
・ 6/8 産経ニュース:死者6人、感染者も計87人に拡大

などによると、6/1〜6/8の間に
死亡者:1人→2人→2人→3人→4人→4人→5人→6人
感染者:18人→25人→30人→36人→41人→50人→64人→87人(死亡者数を含む)
隔離対象者:680人→750人→1,360人余→1,667人→1,800人超→(未確認)→2,300人超→(未確認)


と増え続けていることがわかります。
今週末までにどこまで拡大することか…。


韓国内イベント等への影響

・ 6/5 WoW!Korea:MERS感染拡大を受け、韓国大学バスケリーグ試合日程をキャンセル
・ 6/5 時事通信:MERSで韓国遠征中止=サッカーU15代表
・ 6/5 KpopStarz:MERS拡散の影響、韓国で開催予定のコンサート、スポーツイベントなど続々中止
・ 6/6 スポーツ報知:MERS余波 柔道女子代表の韓国合宿中止
・ 6/6 KpopStarz:EXO、MERS事態を受けサイン会が延期に
・ 6/7 Record China:韓国、MERS拡大で映画館はガラガラ、コンサートは中止=株式市場への影響も深刻―香港紙
・ 6/7 産経ニュース:「客の安全のため」 封切り延期や行事中止相次ぐ
・ 6/8 WoW!Korea:韓国・MERSの影響はテレビ界にも… KBS、JTBCなど収録中止へ



この流れの中、今週末に迫ったT1STORYアンコンはどうなるのか?

当ブログに何度かリンクを貼らせていただいている、
サラさん(上田幸来さん)のブログ「A lovely group, TVXQ no.2
の6/6の記事「強行 or 中止」に、JTBツアーデスクに電話した方のツイが載っています。

確かに「延期」という選択肢は、スケジュール上あり得ないんでしょうね。
今まで準備してきた二人&周りの人たちの努力を無駄にしないためには、ぜひ開催して欲しい!

けれど一方で、開催を強行することも心配です。
・ 6/3 WoW!Korea:MERS拡散が心配の中、ソウル市が5000人規模のイベント開催を強行か

このイベントは、結局中止になったようです。
T1アンコンも今の状況で開催を強行したら、結果的には何もなかったとしても、批判を浴びてしまうのではないかと。

T1アンコンは、日本人の参加率が高いことと、今のところ若年層の感染者数は割合的に少ないようなので(韓国カシは若者がほとんど)、一般のイベントよりは感染のリスクは低いのかなーとは思いますが。

SMEがいつ・どういう判断をするのか?
ちなみに、上記 6/6 KpopStarz記事によると、EXOサイン会は6/7開催予定のところ、2日前の6/5に暫定延期が発表されたとのこと。
ま、この延期決定は、サイン会を主催するSPAO側の判断だろうから、T1STORYアンコンの参考にはならないかもしれません。

個人で予約している場合は、ホテル代・飛行機代のキャンセル料の問題もあるから、もし中止になるのであれば、早めに発表してもらいたいですね。
もちろん、事態が収束して、アンコンに安心して参加できる状態になるのが一番ですが。

この状況を受け、渡韓すべきか否か、私自身も非常に迷っています。
その辺については続きに書きます。


そして、ユノとチャンミンの周りに感染が広がらないかも心配です。
しばらくは、不特定多数の人と接するようなお仕事は入れないでほしいです。
(ライブは…客席とはある程度距離があるから、大丈夫だよね?)



続きに行く前に、もう一度、外務省&厚労省のURLを貼っておきますね。

海外安全ホームページ
厚生労働省HP

また、上記にリンクを貼らせていただいた
サラさんのブログ「A lovely group, TVXQ no.2」内、カテゴリ:韓国旅行
には、MERS関連の情報に加え、韓国旅行に役立つ情報が載っています。
渡韓予定の方は、海外安全ホームページと共に、ぜひこまめにチェックしてください。
サラさん、いつもありがとうございますm(_ _)m



(2015/06/09)
渡韓について、どうしようか日々悩んでます。

今は「院内感染」のみで、地域生活での感染はないとのことですが。
隔離対象者がこれだけ増えると、その中で “自宅隔離” を無視して街中に出る人も増えるだろうから、いつ地域生活での感染が発生してもおかしくないし。

昨日はこんなニュースも出て、さらに悩むことに。

・ Yahoo!ニュース:香港・マカオ両政府「韓国への渡航自粛を」=警戒レベル相次ぎ引き上げ

ま、そもそもチケット自体が取れていないんですけどね。
MERS騒ぎ以前は、チケットが取れてなくても・当日券狙いで渡韓するつもりでしたが。
今はちょっと慎重になっています。

感染自体や重症化を防ぐことは、マスク・除菌・体調を整えることなどである程度できるだろうけど。
隔離対象になってしまうことだけでも、職場的に非常にマズいのです。

結局、何事もなく楽しくライブ観覧して帰れるという可能性が大きいとは思うんですが。
出発ギリギリまでよく考えようと思います。
スポンサーサイト



カテゴリ: 日記

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 |  #
2015/06/12 09:38 * edit *

Re: ま*ちゃん

◆To《鍵コメ》ま*ちゃん◆

ま*ちゃんのコメントに答えるためもあって、「決めました!(http://cmlove0218yhrespect1.blog.fc2.com/blog-entry-836.html)」をUPしましたよ。
本当に、苦渋の決断だったよね。
行ってしまったからには、この2週間は自分が病原菌になったつもりで行動してます。
マスク着用はもちろん、自分が使った便座、触ったドアノブとかを除菌シートで拭くとかね。

ライブ中もマスクしたままだから、思いっきり掛け声できなくて辛かったーー。
でも、行ってよかったです。ま*ちゃんも楽しめた?

トンの活動がお休みになると、ま*ちゃんともなかなか会えなくなっちゃうね(T_T)
SMTはユノが出ないし参戦しないかな?

URL | kozu♪cm #-
2015/06/15 19:41 * edit *

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cmlove0218yhrespect1.blog.fc2.com/tb.php/831-0f01e069
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)