FC2ブログ

Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

★ ☆ ★ TOHOSHINKI are YUNHO CHANGMIN !!★ ☆ ★

2017年1月の韓国(3)2日目その1・朝食と昼食 


早いもので3泊4日の韓国旅行も終了。
昨夜のJAL最終便で韓国を立ち、日付が変わる頃に家に帰ってきました。
旅行は終わっちゃったけど、旅行記はマイペースで続きまーす( ̄▽ ̄)♪
旅行2日目の朝から〜(^O^)/

………………………………………………………

韓国旅行2日目!1/14!
kozuのこの日の朝はキムチチゲで始まりましたw

今回の旅行では、昼と夜に行く新規開拓店がいろいろあって、いつも行く「チャンドッテキムチチゲ」に行く機会はないかなーと思っていたんですが。
寝たのが遅かった割には・比較的早く(7時前)に起きられたため、朝食で行くことにしました。

チャンドッテキムチチゲ
コネスト:http://www.konest.com/m/gourmet_detail.html?id=3903

純子ちゃんは行かないとのことで、1人で入店。
席に着くと同時に1人前のキムチチゲを持ってきてくれたアジュンマに、「ラミョンサリ パンゲ ハゴ メッチュルル ハンビョン ジュセヨ(ラーメン追加 半個とビールを1便ください)」と注文。
すぐにご飯・おかずとともにラーメンとビールが運ばれて来ました。

私の隣りのテーブルは日本人男性3人組だったんですが、そのうちの1人が半分のラーメンを見て、「やっぱり小さいラーメンあるよ。『ラーメン小』とか言えばいいのかな?」と。
そこで私が「これは『ラーメン半分』ですよ」と話しかけると、「えっ!日本の方だったんですか?!」とビックリされた(笑)

男性 「(他のテーブルの空袋を指差して)あれが1個ですよね?それが半分なんですか?」
kozu「そうです。これ(半分のラーメン)が2枚入っているのが1個で “ハンゲ”、これは半分で “パンゲ” って言って注文します」
それを聞いた他の男性が「それなら注文しよう」とアジュンマを呼んだけど言葉に詰まっていたので、横から代わりに注文しちゃいました。
そしたらお礼を言われ、「韓国にお住まいなんですか?」と(爆)
「いや、旅行です」と答えると、「すごい、旅慣れてますね!」と感心されてしまった(^_^;)

何回も載せてるけど、キムチチゲ+ラーメン半個でーす。
160114キムチチゲ
私の中では「韓国に来たら1回は食べないと!」という1品です^ ^

………………………………………………………

チャンドッテキムチチゲからホテルに戻り、ブログ記事を書いたりしていると、SUMマーケットに買い物に行った純子ちゃんが戦利品を置きに来たので、一緒に昼食の待ち合わせ場所である東大門歴史文化公園駅(동대문역사문화공원=トンデムン ヨッサ ムンファ コンウォンヨッ)へ。
8番出口でユノペン4人組と合流。お店へ向かいます。

ヘッサル・スップル・コカルビ・チュクミ
http://www.seoulnavi.com/food/2492/
炭火で焼いた鯖(スップル・コカルビ)と激辛のイイダコ(チュクミ)炒めの人気店だそうです。

ソウルナビからお借りした地図を貼ります。
170114コカルビチュクミ地図
ここは、ソウルナビで知って・行ってみたいと思っていたお店の1つだったんですが、いつも江南地区を中心に動いているのでなかなか訪れる機会がありませんでした。
が、今回の旅行は各々時間に余裕があったので、“わざわざ行く” 感じになるこのお店に行ってみることに。

お店の前に着いたのが11:20頃。
ソウルナビ情報では11:30〜なので待つつもりでいたら、店内のアジョシが手招きをして入れてくれた!
170114コカルビチュクミ外観
そのうち開店時刻になったらしく、近所で働いてるっぽいおじさんたちが続々と入って来ました。
日本人客はもちろん、観光客も私たちだけです(^_^;)

席に着くと、お店のアジョシが日本語メニューを渡してくれました。
が、そこには単品料理(夜におつまみ的に食べる系)しかなく、お昼の定食メニューがありません。
「定食は平日だけなのかな?(この日は土曜日)」と不安になりつつも、アジョシに「シクサリュ メニュ イッソヨ?(お食事メニューはありますか?)」と聞くと、「あー、シクサリュ」という感じで出して来てくれました。良かった(^_^*)
というのも、同じ焼き鯖でも単品料理だと10,000ウォンだけど、お昼の定食だとおかずやご飯が付いて6,000ウォンだから。

注文に悩みましたが、結局、鯖の炭火焼(숯불고갈비:スップル コカルビ)を2人分、鯖と大根の辛い煮付け(고등어 무조림:コドゥンオ ムジョリム)を2人分、イイダコのチーズ入り激辛鉄板焼き(치즈쭈꾸미:チジュ チュクミを2人分注文しました。

お料理が来てからのことは続きから(^ー^)ノ


「2017年1月韓国旅行」シリーズ
2017年1月の韓国(1)出発〜(^O^)/
2017年1月の韓国(2)初日の夕食など
2017年1月の韓国(3)2日目その1・朝食と昼食 →この記事
2017年1月の韓国(4)2日目その2・COEXと夕食
2017年1月の韓国(5)3日目その1・ チャンミンサインのあるインド料理店など
2017年1月の韓国(6)3日目その2・カレーとか午後のショッピングとか
2017年1月の韓国(7)3日目その3・プデチゲ屋さん
2017年1月の韓国(8)4日目その1・孝子ベーカリー
2017年1月の韓国(9)4日目その2・ベーカリー帰りの遭遇(チャミじゃないよ)と警察売店。そして帰国へ。
2017年1月の韓国(10)お店情報まとめ&どのお店が一番よかった?



↑↑
ランキングに参加しています。よろしかったらポチっとお願いします。

★ ☆ ★ TOHOSHINKI are YUNHO CHANGMIN ★ ☆ ★
サイド113
東方神起はユノとチャンミンの二人です。
私はこれからも、呼吸をする限りこの二人を守って行きたいと思います。

★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★


まず、パンチャン(おかず)が運ばれて来ました。
170114コカルビチュクミ料理
キムチは珍しく、白菜ではなくキャベツでした。さっぱりして美味しかった^ ^
この他に、タッパに入った焼き海苔も。韓国にしては珍しく胡麻油が塗られていなくて、日本の海苔みたいでした。

次にコドゥンオムジョリム(鯖と大根の辛い煮付け)が登場(^ ^)
170114コカルビチュクミ料理
韓国料理らしい辛さはもちろんあるけど、なんかホッとする味

チジュ チュクミ(イイダコのチーズ入り激辛鉄板焼き)2人前〜
170114コカルビチュクミ料理
ソウルナビにはかなり辛いように書かれていたし、優ちゃんが他のお店でチュクミ(チーズなし)を食べたときもかなり辛かったそうだけど、これはあまり辛く感じなかったなー。チーズのおかげ?
それにしても、イイダコがぷりっぷりで美味しかったです(o^^o)

ついに焼き鯖が登場\(^o^)/写真は撮り忘れたのでゆの☆かよから拝借。
170114コカルビチュクミ料理
身がふわっふわで外側は香ばしくて、シンプルだけど美味しい!
私は入り口に背を向けていたので気付かなかったけど、焼き鯖はアジョシが外で焼いて持ってきたみたいです。
この焼き鯖と煮付け、どっちが好みかみんなに聞いたところ、半々だったかな。
私は…すごーーーく迷うけど、焼き鯖かなぁ( ̄∀ ̄)

〆に、お鍋に残ったチジュ チュクミのタレで볶음밥!(ポックンパッ=焼き飯)
通常は「ポックンパッを追加」が1人分2,000ウォンですが、このときは鯖定食のご飯が余っていたので、優ちゃんが「これとこれでポックンパッ」と言ってくれたら通じて、余りご飯で作ってくれました。
170114コカルビチュクミ料理
お鍋を厨房に持って行って作るお店もありますが、このお店はテーブルで。
ご飯と海苔、エゴマの葉を投入、コチュジャンのソースを掛け、おたまとトングで手早く炒めてくれます。

170114コカルビチュクミ料理
最後はお焦げが出来るように平らに鍋肌に押し付けて、胡麻油を掛けて完成\(^o^)/
エゴマの葉と海苔の風味が効いて、お腹いっぱいなはずなのに食べれちゃいました♪

………………………………………………………

お会計を済ませ、アジョシに「잘 먹었습니다〜(チャル モゴッスミダ〜=ごちそうさまでした〜)」と挨拶をしてお店を後に。
トータルはいくらだったか控えてないんですが、
・鯖の炭火焼 定食6,000×2=12,000ウォン
・鯖の煮付け 定食6,000×2=12,000ウォン
・チジュチュクミ10,000×2=20,000ウォン
合計44,000ウォンで1人当たり730円くらいだったと思います。


昼食後のことは、次の記事でヾ(@⌒ー⌒@)ノ


スポンサーサイト



カテゴリ: 旅行記(韓国)

コメント

コメントの投稿
Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://cmlove0218yhrespect1.blog.fc2.com/tb.php/1145-dc6bc7c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)